CasperJsでAlert、Confirmのイベントをキャッチする

Posted by Tatsuyano on Wed, Apr 6, 2016
In
Tags js nodejs casperjs

AlertやConfirmダイアログのOKボタン、キャンセルボタンを押下するには、casper.page.onAlertcasper.page.onConfirmを使う。

下の例では、購入ボタン(#buy)を押下すると、 Confirmダイアログが立ち上がり 商品を購入します。よろしいですか?とメッセージが表示される。 OKボタンを押下すると、商品購入処理が実行され 商品の購入が成功すれば 商品を購入しました、 ポイントが足りず購入に失敗すると ポイントが足りません とメッセージが表示される。

var casper = require('casper').create({clientScripts: ['./src/includes/jquery.min.js']});

var point = 100;

casper.start();
casper.open('http://192.168.33.10/shopping/cart').viewport(1024, 690);

casper.then(function() {

  // AlertダイアログはOKボタンしかないので、返り値は必ずtrueを返す。
  // 同一画面で、複数のダイアログを表示する場合は、引数のメッセージで分岐する
  this.page.onAlert = function(message) {
    if (message == '商品を購入しました') {
        return true;
    }
    else if (message == 'ポイントが足りません') {
        return true;
    }
  };

  // Confirmダイアログが立ち上がると発火する。
  // trueを返すとOKボタンが押下され、falseを返すとキャンセルボタンが押下される
  this.page.onConfirm = function(message) {
    if (message == '商品を購入します。よろしいですか?') {
        return true;
    }
  };

  // #add_pointというテキストフィールドに100ポイントを入力し、#buyボタンを押下する
  this.evaluate(function(p) {
    $('#add_point').val(p);
    document.getElementById("buy").click();
  }, point);
});

casper.run();

CasperJsはPhantomJsを拡張(内封)しているライブラリなので、PhantomJsをメソッドをそのまま?使うことができる。 今回のonAlertなどもPhantomJsで定義されているメソッドで、this.pageの中にPhantomJsが入っている。

参考サイト