Anyenvをインストールする

Posted by Tatsuyano on Tue, Aug 19, 2014
In
Tags php ruby nodejs python

以前導入したanyenvのインストール方法を忘れないようメモしておきます。

anyenvは ruby、perl、python、nodejs、php(phpenv) のバージョン管理を一元化してくれるツールです。これでhome直下がずいぶんスッキリ。素敵です。

インストール

ダウンロード

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv

$HOME/.zshrc

$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
$ echo 'eval "$(anyenv init - zsh)"' >> ~/.zshrc

私はoh-my-zshを使っているので、実際は~/.zshrcではなく、~/.oh-my-zsh/custom/main.zshに設定しています。

シェルを再実行し、anyenvの設定を反映させます。
source $HOME/.zshrc でも結構です。

$ exec $SHELL -l
$ which anyenv
~/.anyenv/bin/anyenv

rubyのインストール

とりあえずanyenv経由でrubyをインストールします。 rubyをインストールするには、事前にOpenSSL系のライブラリが必要なのでインストールしておきます。

また別記事で紹介しているrobeを使うには、read-lineが必要なので、入れておきます。

$ sudo yum -y install openssl-devel
$ sudo yum -y install readline-devel

まずはrbenvはインストールします。

$ anyenv install rbenv
$ anyenv versions
rbenv:
* system (set by /home/$USER/.anyenv/envs/rbenv/version)

バージョンは2.1.0を入れてみます。

$ rbenv install 2.1.0
$ rbenv global 2.1.0

$ anyenv versions
rbenv:
system
* 2.1.0 (set by /home/$USER/.anyenv/envs/rbenv/version)

反映されない時はsource $HOME/.zshrcで設定を読み込み直して下さい。

試しにbundlerをインストールしてみます。

$ which gem
/home/$USER/.anyenv/envs/rbenv/shims/gem
$ gem install bundler
$ which bundle
/home/$USER/.anyenv/envs/rbenv/shims/bundle

pythonのインストール

$ sudo yum -y install patch
$ anyenv install pyenv
$ pyenv install 3.3.3
$ pyenv global 3.3.3

node.jsのインストール

$ anyenv install ndenv
$ ndenv install v0.10.26
$ ndenv global v0.10.26

他の言語も流れは同じです。
お疲れ様でした。

参考サイト

関連する記事